サイコンマウントの裏側にベルを付けよう

企画って程のものではないのですが同じような悩みを持っている人が割といそうな気がしたので記事にしました。

人に向かって鳴らしてはいけないが法律上は付けなければならないことになっているベル・・・・先日カスタムが終了したダホンに付けるの忘れてました。

もちろん私Craftsmanが普通に付けるはずがありません・・・・さあどうなったでしょう。

サイコンマウントの真下にベルを付けよう

ベルをいかにスマートに目立たなく付けるか・・・これはロードバイク乗り(ダホンはミニベロだけど)にとっては一つのテーマです。

例えばKNOGベル・・・すっきりしていて一つの解決策ではあると思います。

RECマウントに付けるタイプ・・・・私はそもそもRECマウントには軽快感が足りないと思っていてちょっと苦手です。
(ごつい上にごてごてがスマートじゃない気がするんだけどある意味では男心をくすぐっているのも理解できる。)

Canyon RING Bar End BellやGENTZの様にバーエンドに付けるもの・・・・全然鳴らさないつもりならここでもいい。

そんな中、舞い降りてきたアイデアはライトをフォークの所に移設したことで元々付いていたサイコンマウントの真下のスペースが空いているんだからそこに付ければいいんじゃね?ってものでした。

HideMyBell?

凄いアイデア閃いちゃったぞとワクワクしながらググってみるとなんだ・・・というかやっぱり・・・というか既に同じことを考えて商品化している人がいました。(自分が思いつく発明なんてそんなものが多い)

それがclosethegap製HideMyBellという商品です。

ただね・・・これ高けぇ。

折角思いついたんだから手持ちの汎用ベルを使って得意の”ゼロ円工作”をしてサイトのネタにすることにしました。


これが取り付けるベルです。メリダのスクルトゥーラに付いてきたやつでダホンのやつは既に紛失していました。


頭のカシメを取ろうと思ってリューターで削ったりしましたが正しい分解方法はこうです。

  1. 下側の取り付け部の黒い樹脂のパーツがはめ込みになっているので引っ張って取る。(写真左上)
  2. ソケットレンチなどの上にワンを逆さにして乗せ裏側から心棒をピンポンチで打ち抜く

上の写真でワンの右側にあるのが心棒です。ローレットが彫ってあり樹脂に埋まっていました。


サイコン下に取り付けるのに必要な部品を設計して3Dプリントしました。
左側の部品中央にはM4ナットが嵌る様になっています。右側の部品は後で登場しますがany cubic mega-sで製作するには限界の寸法のようです。(それでも機能はします。)


サイコンマウントの下に製作したベースが付き、(出っ張っているところに)打ち子を挟んでワンが乗ります。


サイコンマウントはiGPSPORT(iGPスポーツ)M80です。

マウントのアタッチメントの部分を外すと他のサイコン用のものと思われるサービスホールがありますが、ここにM3ナットを仕込んでおきます。アタッチメントは下からボルト止めなのでM3ナットには回り止めが必要なんですね。先ほどの小さい部品はこのためのものでした。(回り止めに必要な力は意外と小さいのでこんなもの作らなくてもグルーガンで固定するくらいで多分最初の一回位は成功するはず)


ベース部品にM4ナットを仕込んで・・・


順番に組付け、M4トラス小ねじ25mmでベースに仕込んだM4ナットと締結すれば完成です。

いや・・・完成したはずだったんですが・・・・


直後にバラシてこうなりました。
ミッチャクロンからの艶消しブラック。
(ステルス性求めてカスタムしたのになんだか存在感あったので。)


今の所打ち子の当たる部分含めて塗装剥げはありませんが剥がれてもそこだけだしこの位置なら気になるのは本人だけでしょう。


普段こう見えてるんでその内付けた本人もベルの存在を忘れてしまう可能性があることを欠点と上げておきましょう。


もっと小さくて薄いベルにすればさらなるステルス化ができそうです。
サイコンのすぐ下の丸いのはサイコンをハンドルセンターにするために作った”アタッチメントのアタッチメント”です。(ワンは一番下)


いつものようにおまけのコーナーと行きたいところですが今回はなしです。
サイコンマウントとベルの組み合わせが無限ですからね。
closethegap社のラインナップを見るとその辺の事情が伺えます。(高い理由も)

ただ、ご相談は受け付けますのでその際は問い合わせフォームからご連絡ください。
(リモートで設計補助とその後の組み立て出来る人か奇跡的に私と同じ構成の人・・・・いないか)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク