ヘッドフォン(ATH-PRO700)のヘッドバンドをどうせだから本革で張り替える

ヘッドフォンのヘッドバンド
長年愛用しているオーディオテクニカ製のヘッドフォン(ATH-PRO700)ですが加水分解でヘッドバンド、イヤーパッドがボロボロになってしまいました。

ヘッドバンドの加水分解
使うたびに頭に黒いゴミがついて最低の気分になります。
イヤーパッドはサウンドハウスで買ってしまったので良しとしますが、またすぐ駄目になることが分かっていてヘッドバンドまで交換に出すのはどうにも渋い・・・・・どうせだから丈夫な本革でリフォームしてしまおうという企画です。

レザークラフトの道具と材料
用意したレザークラフトの道具と材料です。ある程度柔らかくてとにかく安い端切れを選びました。

解体
デザインナイフで縫い目を切って解体します。こんなに劣化していたんだーと改めて思います。もっと良い素材もあるでしょうに・・・買い替えを勧めるための大人の事情でしょうか。

解体
当然ですが外側が大きくて内側は小さくなっています。ピッタリさせたければこんな感じに切ることになります。

レザーをカット
私のは真四角です。面倒だったのもあるのですが、ヘッドフォンに関して言えば外側がぴったりで内側に余った革で自然とギャザー状になるのでこれで付け心地は良いです。

菱目打ちで穴をあける
菱目打ちで穴を開けます。

ベースボールステッチ
縫い方は”ベースボールステッチ”。そう硬球のあれです。
きっちり革を寄せて丈夫に縫えるので車のハンドルとかにも採用されている縫い方ですね。

ベースボールステッチ
縫い目が硬いので頭に当たらない位置に持ってきた方が良いと思います。

プラスチックに収まるようにする
樹脂のカバーに収まる様に端の部分を細工します。

ヘッドフォンのヘッドバンド張替え
無事完成しました。ちなみに糸の色はもちろんこの革を取った瞬間にボールをイメージして選びました。こんな変態なヘッドフォン持ってるのは私しかいないでしょう。

内側はこんな感じで自然なギャザーがあって付け心地も良好です。

ヘッドバンド張替え
予想を上回る出来にテンションが上がるのでした。

ヘッドバンド張替え
こうしてレザークラフトという底なし沼に足を踏み入れてしまった私です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク